偽装問題を日本から根絶やしに!

美しい国日本を語る時、四季の移り変わりが美しい風光明媚な日本を思い起こすだけではいけません。日本人の最大の特徴は温和な性格、几帳面で社会性に富んだ人の心を思いやることができる美しさであると小生は思っています。

「朱に交われば赤くなる」なんて言いますが、姦しい反日国家の「歴史問題」の捏造体質と日本人が間違っても交錯してはなりません。嘘も百篇に対し、根気よく日本の正論を説き続ける必要があります。激昂する人には必ず嘘や虚勢が潜んでいると言われますが、反日国家の人達はよく激昂していますから口から嘘がポンポン出ても何の矛盾も感じないのでしょうね(笑い)

日本人は赤信号を渡らないことで有名です。ましてや子供がいるところでは車一台通らなくてもじっと赤信号が変わるのを待っています。横入りも恥ずかしくてしません。人の物を盗んだり、人に迷惑をかける人も外国から比べるとかなり少ないのも日本人の道徳教育の素晴らしさと美しい国民性のなせるわざだと思います。

文化大革命の時の「造反有理」「革命無罪」も昨今の反日運動での「愛国無罪」なんて言葉も言い換えれば建て前さえあれば嘘八百も許されるという思想、いわゆる中華思想?が根底にあるから軽率に流行ってしまうのだと思います。日本人が同じ土俵で嘘の相撲を取っては決してなりません。

しかるに、この前露呈した「旭化成建材」の偽装問題。ここは中国か?と思わず疑ってしまいました。確かに日本の技術は素晴らしく、かの姉歯元1級建築士が逮捕された耐震偽装事件ですら東日本大震災でも全ての物件がびくともしませんでした。今回の偽装クイ事件ですら恐らく殆どの物件で何も起こらないかもしれません。日本人は倒壊するようなところまで手抜くという心情は持っていないと信じていますが、ここは日本です。日本は技術、安全、高品質、信頼を売り物にしている国です。建築物や新幹線はもちろん食品や医薬品、衣料品から雑貨までどんなジャンルでも偽装はあってはならないのです。日本人の美しい性根を忘れることがあってはいけません。

今日のニュースで『タピオカミルクティーを飲んだらCTスキャンに無数の白点、材料は何と革靴や古タイヤだった!専門家「健康被害は深刻」―山東省青島市』こんなのがありましたが、金持ちの中国人は本場の漢方薬ですら自国の物を買わなくなったと言います。実際死人が何人も出ていますから当然の反応でしょう。フェイクや偽装が横行している中国の場合、建物が自然崩壊したりもするくらいしっかりと偽装します。人が死んでも構わない位しっかりと偽装します。自己中心の中華思想ではなかなかこうした偽装を防げない体質があるので中国当局ですら取り締まりに困っているようです。

日本と桁違いに偽装のレベルが違うのは国民性と教育の違いだと思います。だからと言って日本では嘘を簡単に許してしまってはいけないのです。小さな間違いや小さな嘘、小さな偽装でも日本の信用に傷がつきます。美しい国日本、和の国日本からこうした偽装を根絶やしにしないといけません。

最近日本で起こっている犯罪の変化を検証すると頷けることがあります。殺人やレイプのような凶悪犯罪、粗暴な窃盗事件、振り込め詐欺・・・これらが美しい日本人の性根から生まれて来るとは思えませんでしたが、圧倒的に外国人や在日の方たちの犯罪率が高いことに驚きました。桁が違うのにマスコミが報道することはあまりありません。マスコミに多数紛れ込んでいる在日系の方たちの圧力でしょうか?これも事実を報道しないという一つの嘘の形です。小生は決して差別主義者でなく、コスモポリタンな人間だと思っていますが、大衆レベルでの嘘も見過ごせば亡国に繋がると思っているので、こうした嘘にも強く反発してしまいます。

日本人は誠実でなくてはなりません。日本は美しい国でなくてはなりません。これが強い日本を支えるものだと信じています。温和な日本人は世界一長寿であるのもそれ自体素晴らしいことですが、こうした事実の一つ一つの積み重ねが日本を素晴らしい国にするものだと信じています。

早川優 official site

実業家であり、哲学者であり、信念を貫く義士である早川優が 21世紀を生き抜くために『長寿革命・エネルギー革命・農業革命』を語る!

0コメント

  • 1000 / 1000