世界経済を先読みしたら超円高が待っていた

「強い日本が戻って来たって本当?世界経済の先読みの習慣」というテーマでアメブロ http://ameblo.jp/m-hayakawa/entry-12143639175.html に早川優経済論をぶちましたが、今日本に必要なのは「超価値の創出」という哲学です。愛国心溢れる一握りのパイオニアが和の国日本に活を入れれば、たちまち強い日本が見えて来ます。超円高は強い日本の宿命ですから、円高を前提にした超価値経済を造り上げましょう。何度も繰り返しますが量の経済は終焉します。共産中国の経済崩壊も避けられません。世界経済を先読みしたら超円高が待っていた、というか強い日本がそこにいるということでしょうか・・・


以下アメブロ全文です。

「超価値を想像する」twitterやfacebookの画面を一新してみました。「超価値=SVT」こそ今日のテーマを現実化するためにも必要な哲学です。

表題「強い日本が戻って来たって本当?」~答えはイエスです。元々日本が弱くなった訳ではありません。つい最近までは中国に代表された量の経済に世界経済の現実が見えにくかっただけです。

世界経済の先読みする習慣をつけると毎日が楽しくなります。マスコミは特定国家(いわゆる反日国家)の代弁者ですから、世界経済の情報を私たちに与えてくれません。だから自分の頭で世界経済を考える習慣をつけないと、いつの間にか21世紀は中国の時代なんて大嘘に嵌ってしまいます。結論から言えば中国は終わっています。

何故、共産中国や半島2国が日本を執拗に叩き、反日運動を進めたかご存知ですか?慰安婦や南京虐殺を無理矢理捏造する必要があったと思います?世界中の歴史の教科書に書いてある史実を捻じ曲げる必要があったのでしょうか?

答えは日本が怖くその裏日本に憧れているからなんです。日本は日本国民自身が思っているより遥かに諸外国、特に反日国家の方たちは恐れています。

ところが最近、反日の声がトーンダウンしています。気づいていましたか?

安倍首相が堂々と正論を主張しても、反論の声に元気がありません。日本人自身の安倍さん評価は様々ですが、反日国家の方たちの方が侮れない人物として安倍さんを高く評価しているのは皮肉でしょうか(笑い)

今までの日本の首相が言えなかった正論を安倍さんはしっかり主張しています。民主党政権時代に危うく日本の国が売られてしまいかねなかった事態を見事にひっくり返しました。

私が「中国大崩壊」を語り始めてからじきに5年になります。当時は誰からも評価されませんでした。反日騒動が勃発していた当時、日本の経済界の長老が中国の量の経済にまだ幻想を抱き、中国に媚を売っていたことを覚えていますか?安倍さんが力をつけてからそんな恍惚の老人たちはほとんどいなくなりました。

「韓国崩壊たった一つの理由」で一躍脚光を浴びた三橋貴明さんが中国の崩壊を語り始めたのが1年少し前になります。それに雷同して多くの評論家たちが中国経済の破綻を語り始めましたが、世界の潮流も時を同じくして中国バブルの崩壊が話題に乗るようになりました。

なんのことはない、世界経済を牛耳る得体の知れない支配者たちが中国の経済崩壊を先延ばししていたに過ぎません。

あのサブプライムローンの破綻~~リーマンショックで経験した危機の先送りは2年でした。中国バブル崩壊の破壊力はその数倍規模になると容易に想像がつきます。ただ、リーマンショックの時は高をくくっていた感がいがめません。でも今回の中国大崩壊はさすがに身構えており、有事に金儲けをしようと淡々とそのタイミングを狙っています。私は直観でこの事実を5年も早く皆さんに伝えたわけです。

韓国のあの反日大統領朴槿恵(最近では世界中から慰安婦大統領と呼ばれているそうですが)が宗主国の中国に媚を売って韓国経済の崩壊を在任中だけは阻止しよう目論んだわけですが、中国が巨大な泥船だったのは果して誤算だったのでしょうか?

日本は建国以来2600年、先の第二次世界大戦まで、ほぼ連戦連勝の神国でした。国力が必ずしも強くなかった時代に大国の清国やロシアと戦い大勝利をおさめました。列強諸国は予想を超えた日本の戦勝に驚き、畏怖と強い警戒感を世界中に植えつけ、それが先の世界大戦につながりました。この時のトラウマが今の反日国家の姦しさの背景ですが、世界も今の日本の実力を日本人以上に注目していることに変わりありません。

ギリシア問題から始まるEU諸国の経済不安や大幅な原油安から招来したロシア危機、産油国の動揺や振興国家の停滞、そして中国経済の大崩壊をどうソフトランディングするか難問が山積みです。大恐慌になろうがなるまいが、これを支える通貨は円しか見当たらないのです。従って、かつての円高を超える様な超円高が来ることを覚悟しなくてはなりません。

強い日本がこの荒波を泳ぎ切る為には、超価値の創造が必須です。量の経済が終焉した以上、大きな付加価値を求めて超価値を想像する哲学を確立しましょう。妙な反日運動のお陰で、日本人にも愛国心が芽生えました。習近平や朴槿恵さんに感謝です。強い日本に愛国の気持ちが重なれば世界に冠たる日本が復活です。

蛇足ですが、職業軍人を持たない徴兵制国家の軍隊はこの太平の時代、張子の虎です。中国も半島も兵器の心臓部は未だにメイドインジャパンです。軍事力で恐れる必要はありませんが、だからこそ奸臣(民進党や日本共産党、一部のマスコミ、学会ら)の武装解除の要求に騙されてはいけません。この声は日本を恐れる反日国家の声です。だから私は安保法制を評価したのです。

早川優 official site

実業家であり、哲学者であり、信念を貫く義士である早川優が 21世紀を生き抜くために『長寿革命・エネルギー革命・農業革命』を語る!

0コメント

  • 1000 / 1000